So-net無料ブログ作成
検索選択

ブログ/メルマガ作者と自民党幹部との懇談会:参加者一覧表 [ブロガー懇談会関連]

 昨日、自民党がブログ/メルマガ作者を集めて懇談会を開いたそうです。http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/08/26/8916.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0508/26/news052.html

 普通は話題作り大好きの野党がやりそうなことなのに、自民党がやるかーと面白かったので情報を集めてみました。発起人は世耕弘成参議院議員(ご本人のblog)。自民党側の出席者は武部幹事長と世耕議員。安倍幹事長代理も出席予定だったのですが、台風で新幹線に閉じこめられて欠席。

 で、肝心のブログ/メルマガ作者側の出席者ですが、私が集めたところでは以下の方々です。


参加談(更新は下に追加していきます)

花岡信昭ウェブサイト:ブログ/メルマガ
 http://www.hanasan.net/xoops/modules/wordpress/index.php?p=57
情熱起業列島:ブログ
 http://forum.netage.co.jp/blog/jonetsu/archives/000166.html
社長の成功日記:ブログ
 http://blog.livedoor.jp/no1syatyou/archives/50037980.html
jkondoの日記:ブログ
 http://d.hatena.ne.jp/jkondo/20050826/1125015040
■グロービス堀義人ブログ:ブログ
 http://blog.globis.co.jp/hori/2005/08/yes_a7a8.html

実践起業!成功への道。blogで人脈は作れるか?:ブログ/メルマガ
 http://www.web-smile.com/jissenkigyou/archives/000685.html
発想源blog:ブログ/メルマガ
 http://blog.quizzing.jp/2005/08/post_bab7.html
新規開拓なくして成長なし:メルマガ
 http://blog.mag2.com/m/log/0000121339/106350530?page=1#106350530
【ミナログ】製造業社長の逆襲:ブログ
 http://minaro.cocolog-nifty.com/mog/2005/08/post_c2db.html
GripBlog:ブログ
 http://www.surusuru.com/news/archives/Entry/2005/08/26_0402.php

忙しいあなたの代わりに新聞読みますblog版:ブログ/メルマガ
 http://isoana.blog8.fc2.com/blog-entry-579.html
普通のサラリーマンがこうして4億円企業を創った:ブログ
 http://winwinproject.livedoor.biz/archives/50025164.html
はなまるライターの小冊子作成・活用術!:ブログ
 http://blog.livedoor.jp/hanamaru_kikaku/archives/50035329.html
名古屋ではたらく社長のブログ(日記):ブログ/メルマガ↓
 http://igara.exblog.jp/2576056
  トークに使える 日経新聞 今日のネタ:メルマガ
  http://www.iw-jp.com/blog/nicky.cgi?DT=20050826A#20050826A
株式最速情報館!:メルマガ
 http://www.ransta.jp/backnumber_1496_579900/ (http://yaplog.jp/drstock/

Hotta World:: 「活・喝・勝」:ブログ
 http://hottaworld.com/archives/2005/08/post_106.html
「ノーリスク起業予備校」の要点ノート:ブログ/メルマガ
 http://blog.livedoor.jp/marumana44/archives/50039002.html
デイトレードで楽々ネット生活・資産有効活用法:ブログ/メルマガ
 http://blog.livedoor.jp/redwoods7/archives/30710548.html
日刊リウイチ:日記
 http://www.asahi-net.or.jp/~WF9R-TNGC/nikko200583.html (*8月25日~の記述)
メルマガコンサルタント平野友朗の裏話:ブログ/メルマガ
 http://mailmagazine.cocolog-nifty.com/main/2005/08/post_ee01.html

社長日記(「知恵の総合商社」←旧:商社マン日記):ブログ
 http://blog.livedoor.jp/braveguy/archives/50045167.html
ビジネス情報取引所-BIE-(ブログ版):ブログ
 http://blog.livedoor.jp/biejp/archives/50036591.html
たむたむの自民党VS民主党:ブログ
 http://blog.drecom.jp/1008910/archive/92


参加された(らしい)けどリポートは未確認
http://www.e-comon.co.jp/magazine_year.php?show_date=2005-08http://blog.e-comon.co.jp/
http://www.melma.com/backnumber_141698/ (http://blog.livedoor.jp/yusaku119/
http://blog.mag2.com/m/log/0000022774 (http://www.sm.rim.or.jp/~abc/

断った/出席しなかった方
http://blog.livedoor.jp/uchida0721ta/
http://blog.livedoor.jp/pba2003/archives/30613292.html
http://www.chokugen.com/opinion/backnumber/h17/jiji050825_316.htm
http://www4.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=412147&log=20050825
http://blog.livedoor.jp/oginoichiroo/archives/30679922.html
http://dando.exblog.jp/3361103/
http://plaza.rakuten.co.jp/surflegend/diary/20050825/
http://ameblo.jp/super-koho/entry-10003820622.html
http://blog.livedoor.jp/kazuto_shimoyama/archives/50032125.html


招いた側(自民党)
世耕日記:
 http://blog.goo.ne.jp/newseko/e/28296c974e0ebf7aa7a336ef80346054
◆ メールマガジン、ブログの発信者と武部勤幹事長が懇談(8/25):
 http://www.jimin.jp/contents/news/170825a.html


 情報は基本的に私が検索エンジンや各種リンクを辿って独自に集めましたが、CNET Japanの記事も参考に補完しています。
 媒体(ブログ、メルマガなど)が違っても内容が同じであれば、リストからは除いています。その場合、こちらもブログということがあり(TBなどの都合から)ブログ版を優先的にリンクしています。

 この表は自由に転載、利用、加工していただいて構いません(ただしリンク先の方には迷惑がかからないようにお願いします)。私は今、これを元に分析などする余力がないので、自由に使ってやって下さい。

 他に声をかけられた人、参加した人の情報がありましたら、コメントにてお知らせいただけると喜びます。間違い、訂正などもありましたら、なるべく早く対処させていただきます。


追記その2:なんか、また明日(8/31)にもあるらしいですね。「各党政策討論会」へのご招待。
 で、私も行ってきます



追記。分析しないとか書いたけど、ちょっとだけ。(8/26,23:40)

 私はこの試みをとても面白い物だと評価しています。元々小泉総理(及びその側近)は就任当初からのメルマガ発行など、マスコミを通さないコミュニケーションを模索してきた人達でもありました。
 ただ、呼ばれる側の人選はやっぱり難しいみたいですね。今回にしてもざっとみて偏りが感じられます(経営者が多いなど)。またブログランキングに参加している方も多く、ランキング上位から声をかけていったのだろうという推測も出来ます。そして政治系ブログが呼ばれなかったのは、良くも悪くもそれでは話がディープになりすぎる。今回はあくまで懇談会、自民党とネットのコミュニケーションの第一歩、探り合い的意味合いが大きかったからだろうと思います。経済系はその点、比較的中庸であると見なされたのではないでしょうか。
 しかし、大多数は作為的に選ぶにしろ、幾人かは無作為に選んでみるという冒険があっても面白かった気がします。・・・まあ、衆愚に陥る可能性も高いのですが。玉石混合こそ、ネットの醍醐味でもありますから。

 ともあれ、今回こうして集めたブログに一通り目を通して思ったことは、面白い記事とはつまるところ個人対個人の印象、その人自身が実際にその場に立ってみて感じたこと、紙面やカメラのレンズを通してでは分からないこと、その場の空気そのものが書かれているものである、ということでした。
 せっかくのブログ、メルマガなのですから。マスコミとは違うアプローチを考えたい。それはむしろ、国民(あるいは読者)の声を代弁するのだという気負いではなく、個人が個人に会いに行くのだという素朴な部分にあるような気がしてなりません。

 もっともこれは最初の一歩です。始めから成熟したコミュニケーションというものは成立しませんし、存在もしません。これからこの試みがどのように実を結び、また発展していくのか、楽しみです。


  ところで世耕議員という方に関しては、郵政法案が否決された時の参院での賛成演説を見て、自分の意志を分かりやすく伝えることが出来る有能な方だなという印象を持っていました。
 それにしても今回のような一議員の発案が、幹事長や人気の幹事長代理の出席(の約束)を得て実現すること、現在の自民党の風通しのよさに驚かずにはいられません。・・・私はそれもやはり、小泉氏という個人の持つ性質と無関係ではないと思っているのですけれども。
 世耕氏のブログによれば、氏の賛成演説は総理に高く評価され、原稿をすべての議員、立候補者に配るよう指示されたとのこと(参考記事)。このようなことをされて発奮しない部下はいないでしょう。

 そもそも小泉内閣を評価したのは、最初の組閣時でした。小泉フィーバーによって総裁選に当選した時は、「またマスコミの持ち上げか」とむしろ冷ややかな目で見ていました。しかし発表された組閣名簿を見て驚きました。マスコミはサプライズがない、派閥にとらわれていると否定的でしたが、私はむしろ派閥にきちんと配慮しつつも裏でしっかり若手の実力者を抜擢し、要所要所は自分の肝いりで押さえるそのバランス感覚に舌を巻きました。なんて美しい組閣なんだろうと、どうしてこれを人は評価しないのか不思議でなりませんでした。それが私と小泉総理との、いわば出会いです。
 この第一印象の影響は今に至るまで続いています。小泉氏とはつまるところ、人を使いそして人を動かす天才なのではないかと思っています。


nice!(0)  トラックバック(12) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 12

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。